千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2019年11月25日月曜日

番町・麹町の歴史を語り継ぐ会に参加しました!

こんにちは!
日に日に秋が深まり、冬の気配を感じる季節となりました。

11月17(日)に麹町区民館で開催された「番町・麹町の歴史を語り継ぐ会」に、麹町地区担当の野中・宮本で参加しました。





主催の一番町町会より、濱田町会長のご挨拶。
司会進行は、民生委員・福祉部長の高野さんです。




麹町長寿会 会長の山口さんより、戦前、戦中、戦後の生活の様子を教えていただきました。




会場に集まった地域の皆さんも、貴重なお話に耳を傾けます。




麹町婦人会の福地会長からも、戦中・戦後当時の番町・麹町地域の様子を詳しくお話ししていただきました。
生で聞くお話はとても迫力があり、当時の生活の様子が目に浮かぶようでした。


また、今回は日本テレビさんのご厚意で、昭和28年に日本テレビが撮影した、航空写真・映像を拝見しました。




約65年前の貴重な映像です。
当時の街並みから、現在は大きく様変わりしています。
大きなお屋敷が多く残り、高い建物はほとんどなかった番町・麹町。
夏には虫の声もたくさん聞こえたそうです。

こちらは、当時のテレビ塔の様子です。





今も残る通りや、学校の様子も映されていました。
参加者の皆さんは、
「いま自分が住んでいるのはどのあたりかな?」
「あのお店はどのあたりにあったのかしら?」
と、楽しそうに写真を眺めておられました。







当時の貴重な映像と、貴重なお話を伺いながら、番町・麹町の地域に思いを馳せる時間となりました。
この会は4回目となりますが、参加する毎に、参加者の皆さんがこの地域を本当に大切に思われていること、誇りをもたれていることを実感します。

また参加できることを楽しみにしています!


2019年11月20日水曜日

備えあれば安心☆


こんにちは!
麹町地区担当の宮本です。

11月9日麹町中学校で避難所訓練が行われました。
住民の方々、麹町中学校の生徒さん、城西大学の学生さん、区役所職員、麹町消防署、麹町消防署および麹町消防団と麹町警察署など…
多くの方々が参加しました。
新人職員の私も仲間に入れていただき、訓練に参加!

消火器訓練



教室を使っての煙体験
なかなか脱出できませんでした…



自衛隊OBの方による炊き出しのレクチャー



そして、ボランティアとして参加されたNPO法人国際ボランティア学生協会(通称:IVUSA)法政大学と日本大学の学生さんが参加されました。





IVUSAの学生たちからは、訓練に参加されている住民の方々へ
台風19号被災地でのボランティア活動で学んだことについてお話しがありました。

心に残ったことは
学生の皆さんが日ごろから千代田区の皆さんと関係づくりをして、
災害が発生したときは駆けつけたいとのこと。
頼もしいです!

地域の方々との顔の見える関係づくり
信頼関係が防災につながることを改めて学んだ訓練でした。

麹町地区担当の職員一同、地域の皆さんとの信頼関係づくりに努めていきます。