千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2019年3月11日月曜日

二番町町会 桂宮治の子ども落語

雨が降るたびに春の足音を感じる季節になりました。
年度末も近づいてきて、新生活に向けて準備をしていらっしゃるかたもいるかと思います。

今年度も二番町町会主催の桂宮治さんの子ども落語の季節になりました。
私事ですが、最近寄席を見たばかりで、Eテレの「にほんごであそぼ」にも出演されている桂宮治さん。2歳半になる息子もよく見る番組ですので、「これはお邪魔させていただくしかない!」ということで、麹町地区担当の私小川と、小林の2名でお邪魔させていただきました。

桂宮治さんの高座の前に、まずは前座で町会員の方の甥っ子さんで、現在大学に在学中の「りんたろう」さんによる、子どものための落語講座から。


落語の「オチ」や、手ぬぐい、扇子の使い方など、落語を楽しむうえでの基礎を丁寧に説明していただきました。
そして小噺では、江戸時代の文化を踏まえながら、「殿様と秋刀魚の話」をしていただきました。

さぁ、そしていよいよ桂宮治さんの登場です。

 
話のテンポや身振り手振り、話の抑揚のつけ方がお見事です。擬音語や擬態語を交えながら、集まった子どもたちと保護者の方々も巻き込んで、話を進めていきます。
 
 
「お侍さんが刀を抜くところを見せるからね!」
 
腰に手をやり、抜刀する様子を演じる宮治さん。宮治さんの目線を負うことで、その刀が短いか長
いか。子どもたちの想像力が試される場面です。
 
演目では、「動物園」という話を披露いただきました。宮治さん曰く、会場にお集まりになられた方々は、子どもからご年配の方まで様々で、3世代すべての方に話の内容も理解できて笑いも取れる話はとても難しいとのこと。
時事ネタなども織り交ぜながら、会場全ての方から笑いが巻き起こっていました。これには感嘆です!
されに驚いたのは、この「動物園」という演目。作られたのは明治時代であるとか。
落語の歴史と奥の深さを体感した時間となりました。
 

楽しみながら江戸の文化を学び、子どもからご年配の方が集まることができる場を創出された二番町町会の皆さま。
子どもたちも運営のお手伝いに参加されていました。
作るほうも、参加されるほうも多世代で参加できる町会行事。

これからも続けていかれることを願っております!

2019年2月26日火曜日

麹町西部町会連合主催 新春もちつき大会!

皆様こんにちは!あたたかな春が待ち遠しい、この頃です。

先日1月27日(日)に、恒例の麹町西部町会連合(麹町4丁目、5丁目、6丁目、紀尾井町)主催の新春餅つき大会が開催されました。
千代田区社協からは服藤、野中、横山で参加させていただきました。

当日は晴れて風が強く、寒い一日ではありましたが、麹西連の各所からたくさんの方が参加され、盛大なもちつき大会となりました。

会場は四谷駅そばの、町こどもの広場(仲良し公園)です。


 
開会式がはじまり、いよいよ餅つき大会がスタートです。



 




よいしょ!よいしょ!の掛け声とともに、お餅をつきます。

 
 
 
 
 
つかれたお餅は、町会の皆様のご協力により、来場者の皆様へふるまわれました。
寒い中、本当にありがとうございます!
 
 
 
 
 


われわれ千代田区社会福祉協議会も、ポップコーンで出展させていただきました。




 会場では、町会の方が子どもたちが楽しめるような催しを企画!
紙芝居の上演です。
みんな、真剣に見つめています。





 この新春もちつき大会が毎年実施できるもの、準備から当日の運営まで、頑張ってくださっている町会の皆様がいらっしゃるからこそです。
地域の楽しい催しが続いていくように、地域の皆で協力し、この伝統を守っていきたいと感じました。

参加させていただき、本当にありがとうございました!
また来年も、よろしくお願いいたします。

千代田区社会福祉協議会 麹町地区担当 野中














番町連合 新春獅子舞・餅つき


皆様こんにちは

次第に暖かい日が増えてきて、インフルエンザの脅威も薄まってきたかと思えば、
今度は花粉が厳しい季節が近づいてまいりました...
皆様はいかがお過ごしでしょうか?
私は自称鼻炎で花粉症ではないと思っているのですが、やはりこの時期になると、
鼻水が止まらなくなります。


さて、話は変わりますが、
先日1月12日(土)の「番町連合新春獅子舞・餅つき」に片岡、野中、小林で参加させていただきました。

とても寒い日だったのにもかかわらず、開始前から多くの方がいらっしゃっていました。
当日は、なんと初雪が降り、餅つきの雰囲気をより一層高めてくれました。

しばらく待っていると、どこからともなく元気な太鼓の音が聞こえてきました!
前方に目をやると、番町和太鼓クラブの皆さんが太鼓を叩いており、寒さを吹き飛ばす演奏でオープニングを飾ってくれました。

演奏が終わると同時に、千代田区長からのご挨拶があり、
その後、番町の代表者の方々と共に鏡開きをしてくださいました。

開会後すぐに餅つきや豚汁、甘酒の配布が始まりました。個人的に豚汁と甘酒が冷えた身体に凄く染み渡ってくれてありがたかったです。
皆様もこの時をとても楽しみにしていたようで、
すでにお餅には長蛇の列ができており、参加者の方々は寒さに震えながらも、わくわくした様子で並んでいました。

そして、ついに名前にもある「獅子舞」の登場です!

私は本物の獅子舞を始めて拝見したのですが、とても迫力があり、
まるで、本当にそういった生き物がいるように錯覚してしまいました。

子どもたちがあまり目にしない獅子舞を見たら、びっくりしてしまうのでは…
と心配したのですが、そんな心配をよそに、獅子舞が始まるや否や、すぐに周りに集まってきて、我先にと言わんばかりの勢いで、獅子舞に寄って行き、
おひねりを渡して頭を噛んでもらっていました。

私の地元千葉県でも、こういった地域の行事はシーズン毎に催していますが、
やはり年々数が減っているのが現状です。
色々な伝統文化、行事が衰退していく中、東京の中心の千代田区で、
このような行事が今も続いていることは、とても喜ばしいことですし、
この先も衰えずに続いていってほしいと感じました。
皆様も地域の行事には積極的に参加し、地域での交流を深めてみてはいかがでしょうか?




(千代田区社会福祉協議会 高齢者活動センター・小林)









2019年1月25日金曜日

麹町地区 ふれあいクラブ食事会 2019年新年会!

皆様 明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

平成最後の年ということで年末からニュースでも報道され、なんだかお正月もいつもと違う気持ち
で迎えました。

今年も麹町の素敵な皆様とともに、ふれあい、交流していきたいと思っております。


そんなわけで「ふれあいクラブ食事会」
新年一発目の麹町地区、私横山が参加させていただきました。
 



「新年会」ということで華やか!

鶏肉のごぼう巻きは梅酒で煮てあるそうです!

小鉢の和え物はピーナッツ。ゴマよりも香りが良いそうです。

鰻巻きにお汁粉。

お吸い物のぎんなんは靖国神社でとれたもの。箸袋は区内の学生さんが作ったそうです

まさに千代田のおせちですね~。





「いただきま~す!本年もよろしくお願いいたします。」 




調理してくださったボランティアさんたちも一緒に、和気あいあいとおしゃべりを楽しみながらお食事タイム。

仲良しのお友達と毎回参加されている方も「久しぶり~」と盛り上がっていました。

華やかなおせち、とても美味しかったです。

横山の主婦目線から言いますと、ピーナッツ和えが濃厚でお気に入り。

作り方も伺いたかったのですが、ボランティアの皆さん、とっても忙しそう…。

企業秘密ということにしておきましょうっ。


 
 
「お正月は孫が来たよー。」「駅伝を見てたよー。」
 
みなさんお久しぶりにお会いした方たちとお正月の報告。
 
楽しいお時間はあっという間。
 
 
 


またみんなの笑顔が集まる日にお邪魔させてください。
 
おいしかった~また来ます!
 
 本年も麹町の地域行事にたびたび顔を出させていただきます。
皆さんと交流させていただいて少しでも地域のお役に立てるよう頑張ってまいります。
社協一同どうぞよろしくお願いいたします。
 
地域支援係 横山でした。