千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2018年4月17日火曜日

☆二番町町会子ども落語☆

麹町地区のみなさま、こんにちは! 
高齢者活動センターの中谷です。

桜咲く3月25日(日)、麹町区民館にて「二番町町会こども落語」が行われました! 



 
この日は天気も良く、お花見に向かう方々や卒業式を迎える学生さんで千代田のあちこちが賑わっておりました!

 

 
 
会場の麹町区民館にはこのように大きな表示が! また、揃いの法被を着た町会の方々がご案内をされておりました。
 
 
そして会場となる和室には、子供たちの姿がたくさん!
 
 
 
今回出演された「桂 宮治」さんは、落語を始めて見る子にもわかりやすいように、落語とはなにか? ということから説明をされており、その説明の仕方も流石プロの噺家さん! 「想像力が大事」というお話で、とてもわかりやすかったです。そこからあっという間に世界は物語の中へ!



圧倒的な、声と仕草の迫力で、どんどん引き込まれていきます。最初は、じっと見つめているだけだった子どもたちも、最後にはみんな一緒になって大笑い! 会場に集まった80人近くのご近所さんみんなが一緒になって楽しんでいました。

 
二番町町会は今回が初の福祉部行事とのことでしたが、とっても賑やかで楽しい場が作られていました。これからもこんな素敵な場が続いていくといいですね。


(高齢者活動センター 中谷)

2018年4月11日水曜日

麹町五丁目町会・福祉の会☆ハーバリウム作り


みなさま、こんにちは!
成年後見係の長田です。

最近は暖かい日が続き、とても春らしい陽気になってきましたね。

そんな、桜も満開を迎えた324日(土)、
麹町五丁目町会・福祉の会が開催されました!
社協からは麹町地区担当の永松・長田で参加させて頂きました。


こちらの会では昨年11月にはステンドグラスを作ったりと、
普段は体験できないようなことができるので、皆さん楽しんで参加されています。
(その時のブログはこちらです

今回作ったのは・・・
最近人気が出てきている「ハーバリウム」です!!



「ハーバリウム(herbarium)」とは本来植物標本のことを指す言葉だそうですが、
ガラス瓶と保存用の液体を用いて作られた鑑賞用のものもハーバリウムと呼ばれています。
この観賞目的で制作された「ハーバリウム」はプリザーブドフラワーやドライフラワーを
ガラスボトルに入れて、専用のオイルに浸されています。 
こういうと、作るのはとても大変な作業のように思われるかもしれませんが、
今回はもっと簡単に、そして手軽に作ることができました!

材料はこちら↓

簡単に手軽に作ることができる秘密は、お花にあります!
今回使ったお花は、造花で、生花と違って扱いやすく、
保存液も生花だと専用のオイルが必要ですが、
造花なので洗濯のりで代用が可能なのです!

そして何より、材料は100円ショップでも揃うのです!
(これなら手軽にチャレンジできますよねっ)



まずはビンにお花を詰めていく作業です。

この作業が難しいのです。。
お花をたくさん入れるとゴチャゴチャするかな?少ないと寂しいかな?と、
ビンに詰めては出してを繰り返して配置を考えていきました。


みなさん思い思いに作品を作ってらっしゃいます。



お花の配置が自分の思い通りになったら、液を入れていきます!



液を入れると花が開いたようになって、発色も良くなります。
後はビンに蓋をして完成です!!


思っていたよりもずっと簡単に作ることができました!
そして、造花で作ったような感じがしないのも、とっても良いですね。


そして作り終わった後は、皆さんでおいしいお弁当を食べて、ほっこり。
(食べるのに夢中になってしまい、写真を撮り忘れました。。。)

最後に、ご自身の作品を持って記念撮影です。
みなさん、素敵な作品です!



会の途中、社協のお便りを皆さんに配らせていただいたのですが、
その中から興味のある活動を見つけてくださった方もいらっしゃいましたし、
地域の色んな情報を教えて下さる方もいらっしゃいました。
こうやって地域の皆さんと触れ合える機会を持つことができたおかげで、
とても有意義な時間を過ごすことができました。

みなさま、ありがとうございました。

次回はどんな会になるのか、個人的にも楽しみです!