千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2018年12月12日水曜日

連合町会主催の防災訓練・講演会に参加してきました!

こんにちは。麹町地区担当の小川です。
12月に入ってから、一気に冬の装いになりました。
先週の土曜日(12月8日)も寒い一日でしたが、麹町消防署と麹町区民館で連合町会主催の防災訓練と防災講演会が行われ、参加してきました。

麹町消防署では、煙体験や消火器の取り扱い訓練、はしご車の乗車体験のほか、日本に一台しかないVR(バーチャルリアリティ)で地震が体感できる防災特殊車両での体験がありました。

この特殊車両では地震のほか、風水害の体験が座ったまま、立った視点で体験できるというもの。特殊なゴーグルを装着し、視点を動かすとゴーグルに映し出される景色も変わり、揺れの大きさや割れたガラスから吹き込む外の風。下敷きになった瓦礫を切り裂いた際に発生する、木くずの匂いが忠実に再現されています。

消火器を「知る」人から「使える」に!
実際に扱ってみるのが、「使える人」になるための一番の近道です
 
さながらテーマパークにあるアトラクションのよう。臨場感はかなりありました!
このあとはしご車は消防庁舎の最上階くらいまでの高さに!

 
子ども連れも含めて、100名くらいの方が参加されていました。参加者の中には、マンションの管理組合の方もいらっしゃいました。高層マンションが多い麹町地区では、はしご車が届かないマンションも多くあります。マンションにお住まいになられている方や近隣に住んでいる方の初期消火が被害を最小限に抑えることになるかと思います。
1時間ほどの時間でしたが、参加者の方々は様々な体験や訓練を行っていました。


また14時30分から、麹町区民館に場所を移して、阪神淡路大震災の被災経験とアウトドアの知識を生かした自宅でできる防災・減災の取り組みを「あんどうりす」さんにご講義いただきました。
発災後に支援が来るまでの間、自宅にあるものでいかに平時と同じような生活を送れるようにするか。震災関連死を防ぐことができるか。
関西出身の軽快なトークとポップな資料で、わかりやすくお伝えいただきました。

会場は聴講者でほぼ満員の「あんどうりす」さんの防災・減災講演会
年末に向けて寒さは増し、空気が乾燥して火災が起こりやすい条件になってきています。外出やお休み前には火の元を確認し、まずは人的な災害を減らしなくすところから努めていきたいですね。

2018年11月30日金曜日

麹町五丁目町会・福祉の会に参加させていただきました!

みなさん、こんにちは。


麹町地区担当の横山です。

先日、11月10日(土)に開催された麹町五丁目町会・福祉の会に麹町地区担当の野中・横山で参加させていただきました。
今回は「クリスマスリース」を手作りしました。木や芋のつるを使うリースではなく、毛糸で作る温かみのあるリースです。
 


 
 
皆さんが持っていらっしゃる素敵な作品づくりについて
詳しく紹介させていただきます。



まずは好きな色の毛糸を使って、ポンポンを作っていきます。
 
 
 
 
 

ぽんぽんメーカーとリースを飾るパーツも用意していただいております。
ワクワクしますね~。

 
 
ひたすら毛糸をぐるぐる巻きつけていきます♪

 

巻きつけた毛糸を切って・・・
ひとつひとつ色を考えながら作っていきます。 

 
 
みなさんとっても真剣。
どんな作品ができるかな。
 

 毛糸をカットして形を整えて。
ポンポンがどんどん完成していきます。



 


ぽんぽんを針金で繋ぎ合わせていきます。
だんだんリースの形になってきましたよ。

色合いにも個性が出ますね。



 
こちらの町会の福祉部さんは毎回手作り品を企画してくださり、お子さんから高齢者も楽しめるものを作っております。

去年はステンドグラスやハーバリウムを作る企画に私たちも参加させていただきました。


毎回、どんなものを作るか、福祉部の方で相談して決めるそうです。

 

 
 

 
 
できましたー!
真ん中が雪だるまになっているの、わかりますか?
 
 
 
お昼ご飯の前に社協からのご案内をお話しさせていただきました。
高齢者活動センターの催しや、サロンのご案内、シルバートレーニングスタジオのご案内をさせていただきました。
 
 
 
お昼ごはんは、ロケ弁でも有名な、三番町にある中華のお弁当をいただきました。
横山は訪問の際に前を通って、ずっと気になっていたお店です。
とってもおいしかったです。
 
 

 湯田町会長も、とってもすてきな、個性豊かなリースを作っていました。

一番最初のお写真をよーく見ていただくとわかります。
(ぽんぽんが紅白になっています!)


今日は1日、麹町五丁目町会・福祉の会にお邪魔させていただきました。

皆さんの暖かくアットホームな雰囲気に私たち社協職員も混ぜていただき、

住民の皆さんととても素敵な時間を過ごさせていただきました。



ありがとうございました。
ぜひまた遊びに行かせてください!

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

お身体に気を付けてお過ごしください。


 


(地域支援係 横山)
 

2018年11月14日水曜日

火事だ!火を消せ!

こんにちは、麹町地区担当でボランティアセンターの小川です。
ボランティアセンターの業務の一つとして、避難所防災訓練に学生ボランティアコーディネートがあります。
先週の11月10日(土)、区の災害対策・危機管理課、避難所運営職員、麹町消防署および麹町消防団と麹町警察署。それと今回は千代田区の姉妹都市である、秋田県の五城目町、群馬県の嬬恋村の消防団の方々、陸上自衛隊など、多くの方が町会の方々と訓練に臨みました。
 




訓練に先立って、麹町中学校の生徒さんたちが、消火器を使用した初期消火訓練を行いました。

消防署員の「火を消せ!」という掛け声で一斉に放水です



 
その他、物資配給、衛生救護、総務、情報の4班に分かれて、資器材の取り扱いや、簡易担架の作り方、消火栓ホースの使い方や、煙体験などをおこないました。


 




学生ボランティアの役割として、物資配給訓練での配給役や、町会の皆さんと一緒に訓練を行いました。
また、ボランティアとして参加した、NPO法人国際ボランティア学生協会(通称:IVUSA。法政大学と日本大学の学生が所属)の活動紹介で、日頃行っている活動や、西日本豪雨災害に支援に行ったメンバーから現地での活動のことをお話しいただきました。
一番印象に残ったのは、学生の皆さんが日頃から地域の皆さんとの関係づくりをして、災害があった際に駆けつけられるようにしたいということ。西日本の活動からも、現地住民の方との交流の大切さを学んだようです。

麹町地区には、上智大学や城西大学、城西国際大学のキャンパスがあります。ぜひ、地元の学校と区民の皆さんとの交流が新しく生まれたり、関係がより深くなるとよいなと感じました。
 

2018年10月15日月曜日

平河町一丁目福祉部主催 高齢者昼食会

急に寒くなったり、夏日が戻ってきたり、体調管理に気を遣う日々が続いております。
10月6日土曜日。前日の金曜日は肌寒い日でしたが、晴天に恵まれた週末、麹町区民館で恒例の平河町一丁目福祉部主催の昼食会が行われ、地区担当職員がお邪魔させていただきました。


自己紹介をしながら、おいしいお昼をいただいた後、高齢者活動センターの理学療法士、近藤先生を町会の方々が招いて、参加者の皆さんの身体の不安や困りごとなどを伺いながら、椅子に座りながら行えるストレッチや、足腰を鍛える運動を教えていただきました。



坂道が多い麹町地区の地理条件が幸いしてか、皆さん普段からよく歩かれているからでしょうか。
身体というか関節が柔らかいこと!


今回の参加者の中で最高齢の方は、97歳の男性でした。お元気そのもので、とっても驚きました!
日々の生活の中で運動を取り入れながら、いつまでも地域の中で元気に過ごしたいものですね。



さて、10月20日(土)第16回福祉まつりが、千代田区役所とかがやきプラザで開催されます。
天気が良ければ、散歩がてらに歩いてお越しくださるもよし、健康相談を行っていたり、福祉体験を行っているブースもございますので、これからの体調を気にされている方や、身近に支援が必要な方がいて、車いすの操作法や実技支援を体験してみたい方、ぜひお越しください!

もちろん、雨天でも開催しますので、無理に徒歩でお越しいただかなくても結構です!
今年の福祉まつりは、千代田区在住、在勤、在学、またはボランティア活動など千代田区に関わる人が身近になれる企画を用意しております。

最近千代田区に、転居された方も福祉まつりに足を運んでいただき、千代田区で初めての知り合いを作るなんてこともできるかもしれません。

社協職員一同、皆さまの来場を心よりお待ちしております!

2018年10月5日金曜日

第38回瀧廉太郎を偲ぶ会が開催されました!


9月23日(日)第38回廉太郎を偲ぶ会が開催されました。
これは瀧廉太郎居住地跡のある一番町町会の皆さんをはじめ、
多くの地域の方々と一緒に瀧廉太郎を偲ぶイベントです。
 
 
 
当日は朝から気持ちの良いお天気!
お祭りがはじまる13時には暑いくらいでしたが、時々ひんやりとした風が吹いて気持ちイイ!
オープニングは英国大使館職員の皆さんによる大迫力の和太鼓演奏です。
 



キャー! かっこいい!

 
 
麹町小学校合唱団「サンシャインキッズ」の子どもたちが、瀧廉太郎ゆかりの曲を
元気よく合唱していました。


 
 

     司会者 : 皆さん、滝廉太郎が亡くなって何年経ったかご存知ですか?
 
     この急なクイズに答えてくれた方は子ども達の先生。
 
     先生 : 「115年です!」
 
     司会者 : 「さすが!正解です!」



滝廉太郎の歌ははこんなにも長い間慕われ、愛され続けてきたんですね。

「花」「荒城の月」は有名ですが、

みなさん、「お正月」滝廉太郎だってこと、ご存じでしたか??

子ども達の歌声が秋空に響きわたりました。
 
 
 金魚すくいはやっぱり大人気!!
 
金魚 : 「そう簡単にはつかまらないわよ!」
 
 
 
焼きそば、焼き鳥、磯辺焼き、アイスクリーム・・・・。
 
盛りだくさんで子ども達も大興奮!
 
 
 
私たち社協もわたがしブースを出店させていただきました。


会場には地域の皆さんが多数参加され、




たくさんの子どもたちが買いに来てくれました。
 
地域の皆さんと一緒に、毎年このお祭りをお手伝いできるのが楽しみです。
湿気で、綿あめがふんわりまあるくできるか心配でしたが、
おいしそうに食べてくれる子ども達を見て安心しました!


濱田町会長、お世話になりました!

また来年もよろしくお願いします!
秋風が気持ちいい一日でした。

来年の瀧廉太郎を偲ぶ会も、今からとても楽しみにしています。

(地域支援課:横山)

2018年10月1日月曜日

番町子ども会に参加してきました!


みなさま、こんにちは!
今年から麹町地区担当、高齢者活動センター所属になりました小林です。

今年の夏もとても暑かったですね。
少し動いただけでも汗が止まらなくて大変でした。

9月8日(土)の開催された、番町子ども会に
野中・小川・横山・小林で参加させていただきました。
撮影者・野中

会場である番町小学校では町会の方々や、学生ボランティアの子達が出店の準備をしており、開催前から賑わいを見せていました。

開会式には千代田区長にも来ていただき、スピーチをしていただきました。



 その後、オープニングイベントとして
BJB(番町ジュニアバンド)の子ども達が素敵な演奏を披露してくれました。
太陽が照りつけている中にも関わらず、とても力強い演奏でした。

スーパーボールすくいは子ども達に大人気です。


手話コーナーでは東京YMCA手話サークルの皆様が丁寧に手話を教えてくださりました。
私達も参加させていただき、手話で自分の名前を出来るようになりました。



町会の方々も参加していた方々も、みなさまとても楽しそうで、私達もワクワクしながら参加できました。
暑さを気にせず元気に走り回る子ども達を見て元気も貰えましたし、とても有意義な時間を過させていただき、ありがとうございました。




(高齢者活動センター 小林)


2018年8月28日火曜日

第36回麹町納涼こども会に参加してきました!

皆さん、こんにちは!
麹町地区担当、地域支援係の野中です。


8月25日(土)に、第36回 麹町納涼こども会に、野中・小川・横山で参加させていただきました。

会場に到着すると、町会の皆さんや地域の団体などによる模擬店が準備を済ませ、オープニングセレモニー前からたくさんの方でにぎわっていました。



区長や町会の皆様によるテープカット!
 







模擬店がスタートしました!










盛り上がっている様子、伝わるでしょうか?
一部ブースでは、当会のテントを使っていただきました。
町会の皆様、出展されている関係機関の皆様にご挨拶させていただきました。










 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 







今年の夏は本当に暑い日が続きましたが、当日は中でも暑い一日でした。
たくさんの方の協力で開催されているこの納涼会ですが、納涼会が安全に開催されるよう、
影で見守っていただいていたのは麹町消防団の皆様!
会場である麹町小学校の裏手で、待機されていました。
暑い中、本当にご苦労様でした。



 

 
 
 


8月最後の土曜日ということもあり、たくさんの子どもたちが参加していました。
私たちも毎年参加させていただくことができ、とてもうれしく思っています。

まだまだ暑い日が続きますが、実りの秋はもうすぐそこまで来ています(早く涼しくなってほしいですね・・・!)。

秋の行事にもお邪魔させていただければと思います。
またよろしくお願いいたします!