千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2017年9月26日火曜日

第37回瀧廉太郎を偲ぶ会が開催されました!

9月23日(土)第37回廉太郎を偲ぶ会が開催されました。
これは瀧廉太郎居住地跡のある一番町町会の皆さんをはじめ、
多くの地域の方々と一緒に瀧廉太郎を偲ぶイベントです。
 
 

当日は朝まで小雨が降り、お天気が心配されましたが・・・。
13時すぎたころには暑いくらいのいいお天気。
オープニングは英国大使館職員の皆さんによる大迫力の和太鼓演奏です。
 


 
 
麹町小学校合唱団「サンシャインキッズ」の子どもたちが、瀧廉太郎ゆかりの曲を
元気よく合唱していました。




地域の方々は、お揃いのシャツを着て、来場者をおもてなしていました。
(黄色いおそろいのТシャツ、カッコよかった!!)


 
 
 
 
私たち社協もわたがしブースを出店させていただきました。


会場には地域の皆さんが多数参加され、




たくさんの子どもたちが買いに来てくれました。




 

地域の皆さんと一緒に、毎年このお祭りをお手伝いできるのが楽しみです。
雨あがりの湿気で、綿あめがふんわりまあるくできるか心配でしたが、
おいしそうに食べてくれる子ども達を見て安心しました!


また来年もよろしくお願いします!
秋風が気持ちいい一日でした。

来年の瀧廉太郎を偲ぶ会も、今からとても楽しみにしています。

(地域支援課:横山)

2017年9月21日木曜日

子どもたちの笑顔がいっぱい!~番町子ども会~

皆さんこんにちは!
高齢者活動センターの永松です。

今年は雨ばかりの夏でしたが、9月9日はスカッと気持ちのよい快晴のもと、「番町こども会」が行われました。

番町・麹町地域の皆さんのご尽力で盛大に開催されるこの「番町子ども会」。
今年もたくさんの子どもたちでにぎわっていました。
毎年参加者が少しずつ増えているそうですが、今年は過去最多だったそうです!

まずは、番町子ども会連絡会を代表して横山会長のご挨拶

元気いっぱいの子どもたちによる開会宣言

続いてBJB(番町ジュニアバンド)の子どもたちは素敵な演奏を披露してくれました。

会場には、所狭しとたくさんの出店が出店しました。




こちらはフランクフルトコーナー。
真ん中の渡邉さんは「ちよだご近所かわらばん第33号」にもインタビューでご登場いただいています。

手話コーナーをのぞいてみると・・・
東京YMCA手話サークルの皆さんが丁寧に手話を教えてくださりました。
(開会式でも手話通訳をしてくださりました)

パトカー、消防車は子どもたちも大喜びでした

消防団の皆さんも決まっています!
 
 
なお、開会式に先立ち、ラジオ体操の皆勤表彰も行われました。
毎朝早起きして皆勤とはえらい!
頑張りました!!

最後に・・・
同窓会だがし屋さん」というコーナーがありました。
駄菓子を配っていたのは番町小学校の卒業生の皆さん。
地域の方々の想いが子どもたちへと受け継がれていくんだなあ、
と温かい気持ちになりました。

また皆さんにお会いできることを楽しみにしています。