千代田かわらばんのサイトに戻る

2017年10月11日水曜日

平河町一丁目町会福祉部主催☆高齢者昼食会☆

10月に入り暖かい日が続いているこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
先日、10月7日(土)に開催された平河町一丁目町会の福祉部主催 高齢者昼食会に、麹町地区担当の野中・奥山で参加させていただきましたので、ご報告いたします。


今回は、講師として高齢者あんしんセンター(麹町)の服部さんから、「健康寿命を伸ばして老後を元気に楽しく過ごしましょう」というテーマで講話がありました。


介護や支援を必要とせず高齢期を元気に過ごすためのお話で、中でも『食事』で盛り上がりました!皆さんが日頃から食卓にあるものを話し合いましたが、沢山の良い「1品」が出揃いました!

“お酢やのり、玉ねぎ、ヨーグルト、梅干し、卵、納豆・・・・・”どれも低カロリーで栄養があるものばかりですね。

普段のちょっとした心がけが『健康寿命』につながっていくのだと思いました。
一人暮らしや高齢者のみ世帯だとどうしても食生活に偏りが出てしまうとのことでした。

意識して1日20〜30品目の食材を使って調理できるようにしたいものですね。いろいろな食材を少しずつ入れることが良いそうです。(具沢山のお味噌汁は良いかもしれませんね♪)




今回、福祉部長が鈴木信子さんに代わり初めての昼食会でした。講話で全員の発言もあり、とても和やかで楽しい時間になりました。
お声をかけていただき、ありがとうございました。

 







また地域の行事に参加させていただき、皆さんといろいろなお話ができればと思っています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
(成年後見係 奥山)



2017年9月26日火曜日

第37回瀧廉太郎を偲ぶ会が開催されました!

9月23日(土)第37回廉太郎を偲ぶ会が開催されました。
これは瀧廉太郎居住地跡のある一番町町会の皆さんをはじめ、
多くの地域の方々と一緒に瀧廉太郎を偲ぶイベントです。
 
 

当日は朝まで小雨が降り、お天気が心配されましたが・・・。
13時すぎたころには暑いくらいのいいお天気。
オープニングは英国大使館職員の皆さんによる大迫力の和太鼓演奏です。
 


 
 
麹町小学校合唱団「サンシャインキッズ」の子どもたちが、瀧廉太郎ゆかりの曲を
元気よく合唱していました。




地域の方々は、お揃いのシャツを着て、来場者をおもてなしていました。
(黄色いおそろいのТシャツ、カッコよかった!!)


 
 
 
 
私たち社協もわたがしブースを出店させていただきました。


会場には地域の皆さんが多数参加され、




たくさんの子どもたちが買いに来てくれました。




 

地域の皆さんと一緒に、毎年このお祭りをお手伝いできるのが楽しみです。
雨あがりの湿気で、綿あめがふんわりまあるくできるか心配でしたが、
おいしそうに食べてくれる子ども達を見て安心しました!


また来年もよろしくお願いします!
秋風が気持ちいい一日でした。

来年の瀧廉太郎を偲ぶ会も、今からとても楽しみにしています。

(地域支援課:横山)

2017年9月21日木曜日

子どもたちの笑顔がいっぱい!~番町子ども会~

皆さんこんにちは!
高齢者活動センターの永松です。

今年は雨ばかりの夏でしたが、9月9日はスカッと気持ちのよい快晴のもと、「番町こども会」が行われました。

番町・麹町地域の皆さんのご尽力で盛大に開催されるこの「番町子ども会」。
今年もたくさんの子どもたちでにぎわっていました。
毎年参加者が少しずつ増えているそうですが、今年は過去最多だったそうです!

まずは、番町子ども会連絡会を代表して横山会長のご挨拶

元気いっぱいの子どもたちによる開会宣言

続いてBJB(番町ジュニアバンド)の子どもたちは素敵な演奏を披露してくれました。

会場には、所狭しとたくさんの出店が出店しました。




こちらはフランクフルトコーナー。
真ん中の渡邉さんは「ちよだご近所かわらばん第33号」にもインタビューでご登場いただいています。

手話コーナーをのぞいてみると・・・
東京YMCA手話サークルの皆さんが丁寧に手話を教えてくださりました。
(開会式でも手話通訳をしてくださりました)

パトカー、消防車は子どもたちも大喜びでした

消防団の皆さんも決まっています!
 
 
なお、開会式に先立ち、ラジオ体操の皆勤表彰も行われました。
毎朝早起きして皆勤とはえらい!
頑張りました!!

最後に・・・
同窓会だがし屋さん」というコーナーがありました。
駄菓子を配っていたのは番町小学校の卒業生の皆さん。
地域の方々の想いが子どもたちへと受け継がれていくんだなあ、
と温かい気持ちになりました。

また皆さんにお会いできることを楽しみにしています。


2017年8月29日火曜日

第35回麹町納涼こども会に参加してきました!

皆さん、こんにちは。
麹町地区担当、成年後見係の奥山です。



先日、麹町納涼こども会に参加させていただきました。
以前のご挨拶で、3年前にも麹町地区担当でしたとブログでお話しさせていただきましたが「麹町納涼こども会」は初めて参加させていただくので、とても楽しみにしておりました。




会場である麹町小学校に到着すると、チケットを求める行列と、
まだかまだか・・・と始まりを待つ沢山の人、そして町会の皆さんによる出店が準備を済ませ、オープニングセレモニー前から
賑わっていました。


直前に雨がパラつきましたが、イベント開催中は晴れ、お祭り日和となりました。


子供たちの打ち水で開催スタート!ここで配られた象さんのジョーロは子供たちにプレゼントされました♪

テープカットで盛大に今年の麹町納涼こども会が始まりました!


迫力満点の和太鼓!『日本に祭り』を肌で感じました♪

子供たちの可愛い・カッコいいダンスに癒されました。衣装もとても素敵です♪

夏休み最後の土曜日という事もあり、この日の来場者は2000人以上!だったとお聞きしました。
気温も気分も≪アツーイ!麹町の夏≫を体験させていただき、純粋に楽しんでしまいました。
ありがとうございました!


成年後見係 奥山

2017年8月14日月曜日

『第40回日テレビ通り振興会 納涼盆踊り大会』に参加させていただきました!


みなさん、こんにちは。

4月より新しく麹町担当になりました総務係の髙橋沙耶香と申します。

どうぞよろしくお願い致します!

 

麹町地区での初めての地区行事として84日金曜日に開催された『第40回日本テレビ通り振興会 納涼盆踊り大会』に参加させていただきましたので、その様子をお伝えしたいと思います!

社会福祉協議会からは、片岡、諸貫、奥山、永松、森本、中谷、髙橋の7名で参加させていただきました。

 


≪盆踊り会場の様子≫
 
 

当日は暑すぎず雨も降らず気候に恵まれた1日でした。
 
中央のやぐらでは、演奏に合わせて生歌で盆踊りの曲を歌ってくださっています♪
やぐらのまわりでは毎年恒例の民謡連盟の皆さんがお揃いの浴衣と素敵な踊りで会場を盛

り上げてくださっていました!
 
 
 
 
≪ソラジローの氷像≫
 
入り口には氷で作った可愛いソラジローが展示されていました。
氷像の展示は今年初の試みだそうです。

街中であまり見かけることもないので子どもたちも大喜び!

とても涼しげですね♪
 
 
 
≪ご家族で・・・♪≫

 
色とりどりの可愛い浴衣を着た子どもたちがたくさんいました♪
ご家族での参加も多く盛り上がっていました!
 
 
 
 
 
 
≪模擬店ブース≫
 

 
 
町会の役員の皆さんや学生さんが出店している飲食・出し物ブースは大賑わい♪
 
ポップコーン・かき氷・焼き鳥・わたあめ・スーパーボールすくい・射的などなど・・・
楽しい・美味しい模擬店がたくさん出展されていました!

やっぱりお祭りといえば模擬店が楽しみです!

どのお店も大人気で出展されている方は大忙し。。

暑い中、素敵な空間をありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
今回の盆踊り大会には、子どもから大人までたくさんの方が来られていて、
 
皆さんの楽しそうな雰囲気が伝わりとても素敵な地域の集いのひと時だなと感じました。
 


わたし自身盆踊り大会にあまり行ったことがなかったので、

夏を感じられるイベントに参加させていただきとても楽しかったです!

ありがとうございました♪
 
8月に入って涼しい日が続いておりましたが、ここ何日かまた暑い日が続いております。
 
気温の変化が大きいと体調を崩しやすいので、
お身体に気を付けて楽しい夏をお過ごしください♪
 
総務 髙橋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2017年7月31日月曜日

☆社会を明るくする運動と一番町町会の取り組み☆

麹町地区のみなさま、こんにちは! はじめまして。
本年4月より麹町の担当となりました、高齢者活動センターの中谷と申します。
今後、麹町地区担当としてみなさまの町にお邪魔いたします、よろしくお願いいたします!

7月21日(金)、「社会を明るくする運動 麹町大通りパレード」に参加してきましたので、写真を交えながらその様子をレポートさせていただければと思います。


集合場所の麹町小学校は、この晴天!
気象庁によると、最高気温は33度に達したとか……まさに真夏のパレードとなりました。

ところで、「社会を明るくする運動」、略して「社明運動」って、どんな運動なんでしょう?
それは……

「すべての国民が,犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め,それぞれの立場において力を合わせ,犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動」

(法務省公式ホームページhttp://www.moj.go.jp/hogo1/kouseihogoshinkou/hogo_hogo06.htmlより)

なんだそうです!
チラシに書かれたキャッチコピーは「もどれない もどさない」。
今回、それぞれ集まった団体が旗を持ち、いろいろなパフォーマンスをしながら麹町大通りを練り歩きましたが、その背後にはこんな思いがあったんですね。

さて、会場のレポートに戻りたいと思います。
出発式までの間、集合場所の麹町小学校には、今回のパレードにおいて全面的に警備を担当し、サポートをしてくださった麹町警察署の方々がおり、パトカーや白バイの試乗を行っておりました。

パトカーの前でピース!
 
男の子なら憧れの白バイです!
 

ピーポ君とハイタッチ!

また、麹町小学校の校庭には、地域の方々がたくさんいらっしゃり、初めて麹町の担当として外出行事に参加した僕は、「あ、あの方は!」「あれ、今の方って…?」など、情報量に目が回りそうでした。

そんな中、落ち着いた様子で地域の方と挨拶されている先輩方の背中を見て、「すごいな…!」と。自分も、一刻も早くみなさまに顔と名前を覚えていただけるよう、精進いたします!

 
左から、中谷、森本、片岡、諸貫、野中です!
 
 
 
さて、定刻10時半過ぎに、いよいよ麹町小学校を出発です!


 
 
いってきまーす! 
 
 
水素自動車が先導します!
 
 
 
 
 
 
上智大学前。長旅から帰ってきたみんなを、民生委員の方々が出迎えます
 
ゴール!
 
今回、初めて社明運動に参加してみて思ったのは、「地域の人びとが集まったところに、こんなにもパワーが生まれるんだ!」ということでした。
 
小学生から、親の世代、さらにはシニアの方々まで、みんなが同じ場所に集い、明るい、安心な地域づくりのためにパレードをする。沿道の方々は、「へえ、こんな運動があるんだ」と思い、やがて、「このパレードはなんなんだろう?」と思い、そして、「社会を明るくする」運動の意義にたどり着けば、大きなメッセージが地域を包み込みます。
 
そんなパレードの一番後ろに、社会福祉協議会のメンバーがついて歩くことは、とても象徴的なことだな、と感じました。
 
とっても暑い一日でしたが、社協職員の一員として、地域のみなさまのところに行けることが嬉しく思えるような、そんな一日でもありました。
声をかけてくださったみなさま、そして写真を承諾してくださったみなさま、どうもありがとうございました。
 
 
また、かわらばんブログにてお目にかかります。
今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
(高齢者活動センター 中谷)

ここからは、
ご縁があって、千代田区の番町・麹町で生活やお仕事される皆さまへ、ご報告です♪
7月22日(土)、一番町町会主催
「第2回 番町・麹町の歴史を語り継ぐ会」が開催されました。
今回で2回目のこの企画。
町会の皆さんから
「マンション・町内の、住民同士の顔が見えない」
「町の今と昔の様子を語ることができる方が減っている」
こうした意見が多く集まり、役員の皆さんが創意工夫し、
実現されました。

第一部では、
「東京わがまち物語・千代田区三番町界隈」を上映
「東京わがまち物語」で、少し前の暮らしを振り返ります

「あの頃は若かったわ」そう懐かしむ方

「数年で番町・麹町も変化したのですね」と知る者・・・



第二部では
学芸員の後藤先生による「番町の歴史講座」

講師から、古代・中世・近代にわたり
千代田の町についてわかりやすくお話しいただきました





先生のお話はとてもわかりやすく、歴史ある番町・麹町に携わり、昔からここで暮らす方から様々な街の様子を聞ける特権や、
ありがたみも感じました。


この企画はまだまだ続くと伺いました。
私たち大人もまだまだ知らない世界があります。
こうした町会の取り組みに、気軽な気持ちで参加してみませんか。
在住者はもちろん、在勤の方もぜひ とのことでした。
町のことについて知ることができる上に、参加された方同士が
顔見知りになれることもポイントだと思います☆
災害時など困った時に、近くに知った顔がいることは、何よりも安心できます。
これからも、様々な町の取り組みを、ご紹介させていただきます!お楽しみに。
地域支援係 諸貫