千代田かわらばんのサイトに戻る

2016年9月12日月曜日

笑顔がいっぱい♪ “番町子ども会”

秋刀魚の美味しい季節になりました。
朝晩も過ごしやすくなり、すっかり秋ですね。。。


9月10日(土)夏休み明けで、こんがり日に焼けた元気いっぱいの子どもたちが毎年楽しみにしている恒例行事
「番町子ども会」に、梅澤、野中、西村、諸貫で参加させていただきました。



開会式の前に、ラジオ体操の皆勤者が発表され、多くの子どもたちが表彰されていました。



そのあと、開会式が始まりました。







BJBによる、ミニコンサート!大人顔負けの演奏です!!

元気な子ども達の開会宣言で、番町子ども会のはじまりです!


ところで皆さん、お気付きですか・・・?


番町子ども会には、ボランティアサークル「東京YMCA手話サークル」の皆さんのご協力により、



手話通訳がついていることを。


目印は、このスカーフ。





手話をならおう!のブースでも大活躍。

手話で何かを表現しています。わかりますか?

それから番町子ども会には、合言葉があります。

『かんしゃのことば “ありがとう” をわすれずにいいましょう』

大人以上に、子どもたちが元気よく

“ こんにちは ”
“ ありがとう ”

が飛び交う、とても気持ちの良い会なのです。


卒業生から在校生まで、みんながお世話になっているニコニコ堂さん。いつでもみんなの人気者!




地域の大人たちに見守られ、子どもたちは健やかに育ち・・・
その成長した子ども達が大人になって、次世代の子どもたちを見守る・・・

本当にあたたかい地域であるとつくづく感じ、心温まるイベントに参加させていただいたことに

ありがとう


役員の皆さま、本当にお疲れ様でした。


追伸
先ほど職員が表現していた手話は
                          名前  でした☆



地域支援係 諸貫