千代田かわらばんのサイトに戻る

2015年9月28日月曜日

瀧廉太郎を偲ぶ会

シルバーウィーク最後の9月27日。「瀧廉太郎を偲ぶ会」に伺いました。

瀧廉太郎は明治27年(1894)ごろから明治34年(1901)4月まで千代田区一番町に住んでいました。そのことを偲び、毎年「瀧廉太郎を偲ぶ会」が開催されています。


第1部では、開会のご挨拶のあと、英国大使館職員による和太鼓演奏が始まりました。




次は麹町小学校合唱団「サンシャインキッズ」のみなさんと一緒に、瀧廉太郎の名曲、「荒城の月」や「花」を合唱しました。





第2部は子供会です。
金魚すくいや、射的などの遊びや、焼きそば、焼き鳥、ジュースにアイスなどの食べ物の出店に子どもさん方おおはしゃぎ!










私たち社会福祉協議会も、わたあめのブースを出店しました。








 


おかげさまで大盛況。ブースにきていただいた皆様、ありがとうございました。
お味はいかがでしたでしょうか。


著名な文化人が多く住んでいた番町・麹町地区を、また一つ このお祭りをとおして実感することができました。これからもよろしくお願いします!

                                       (総務係 宮原)





2015年9月17日木曜日

番町子ども会

今までの雨続きの天気とは打って変わって快晴となった9月12日。
麹町地区担当は「番町子ども会」に参加してきました。
 
 
 
石川区長のご挨拶に続き、今日の主役、お子さんたちからもご挨拶!
 
 
BJB(番町ジュニアバンド)の皆さんの演奏も素敵でした★
 
「番町子ども会」がスタートすると、お子さんたちは大はしゃぎ!
お目当てのブースで遊んだり食べたりします。
 

 
 
 
いろんなブースがでていますね。このブース、町会や各種団体の皆さんが
お子さんたちのためにご好意で運営していらっしゃるんです。
 
ちよだボランティアセンターに登録している、
手話ボランティアの東京YMCA手話サークルさんや
点字ボランティアのちよだアイさんにも
ブース出展していただきました。
 


一生懸命点字のお勉強です!
 
 
麹町地区担当も各ブースにご挨拶をいたしました。
もちろんいつもの緑シャツ着用です。このシャツ、皆様に
覚えていただいていて大変うれしく思っています。
 
地域の皆様へお声掛けし、皆様からお声掛けしていただく。
地域のつながりを実感できるとても良い機会をいただきました。
 
名残惜しさを感じながらも、番町小の校庭を後にするとそこには・・・
お子さん方からの、感謝のメッセージボードが!!
 
 
たくさん食べてたくさん遊ぶには、準備する人たちのご協力があってこそ。
そのご協力に「ありがとう」の感謝を気持ちを表すことを欠かさない。
素敵なメッセージボードでした。
 
この伝統が、麹町地区の地域のパワーにつながっているんだと実感しました。
この素晴らしい麹町地区の地区担当として、我々も
皆様のお役に立ちたいと改めて思ったのでした。
 
(総務係 宮原)
 

2015年9月3日木曜日

麹町納涼こども会


先日、麹町納涼こども会に参加してきました。

小雨がぱらついたりとあいにくの天気でしたが、そんな天気はものともせず!会場に着くとたくさんの方で賑わっていました☆
 
 
 
 
 
 

 町のお祭りに参加する楽しみと言ったら・・
催し物はもちろん、多くの方と出会えること!周囲でも「あら、こんにちは!」といった声の掛け合いが色々なところで聞こえました。

私たち社協職員も、普段お世話になっている町の方々にたくさんお会いすることが出来ました。
ご家族でいらしていたり、支援会員さんといらしていたり。
みなさんがお祭りを楽しんでいる姿をぱしゃり☆

 
 
 
 
 


 私たちも、そんな雰囲気を楽しみながらついつい長居をしてしまいました。
こういった活気のあるお祭りが催されるのも、陰で働いていらっしゃる町の方含め町会の方々等がいらっしゃるからだと思います。

 







私たちも、麹町の地域力を底上げするためにこれからも一緒に頑張っていきたいとと思いますのでよろしくお願いします!

                                         (成年後見係 竹村)