千代田かわらばんのサイトに戻る

2014年12月24日水曜日

『東京駅 百年の記憶ツアー』を開催します!

東京駅に行ってきました。
場所は千代田区丸の内。
誰もが知る東京の顔も、今月で開業100年になりました。

建築家・辰野金吾氏の設計による赤煉瓦駅舎。
関東大震災、東京大空襲など激動の時代をくぐり抜け、
現在は国の重要文化財に指定されています。


東京駅100年の歴史を知る証人は意外な場所にもいます。
こちらはJR東京駅5・6番線ホームにひっそりと佇む柱。
開業当時から東京駅の屋根を支え続けてきました。

移りゆく街並みと、人々の出会いや別れを見届けてきた柱も老朽化。
一部を残して来春撤去される予定だそうです。

・・・・・・・・・・
さて、いよいよ本題。
高齢者センターでは2月10日(火)に『東京駅 百年の記憶ツアー』を開催します!

「東京駅の歴史と今を体感する」をコンセプトに、
東京ステーションギャラリーでは、開催中の企画展『東京駅100年の記憶』を、
学芸員の方に解説をいただきながら観賞します。

また、東京ステーションホテルでは、宿泊客しか立ち入りできない場所に
今回は特別に見学の許可をいただくことができました。
いつもの慣れ親しんだ東京駅とは別の表情をお楽しみください。

コーディネーターは、今秋実施した旧万世橋駅のツアーに引き続き、
公益財団法人東日本鉄道文化財団にご協力いただきます。

きっと、今回の『東京駅 百年の記憶ツアー』は
ガルシア=マルケスの『百年の孤独』にも劣らない
魔術的リアリズムの世界へと皆さんを誘うツアーになることでしょう。

お申込みは1月5日(月)からです。
他にも素適な講習会を準備しています。
http://www.chiyoda-cosw.or.jp/koureisha-c/nozomi2.html
皆さまのご応募を心よりお待ちしております。

・・・・・・・・・・
冬の講習会『東京駅 百年の記憶ツアー
日時: 平成27年2月10日(火) 14:00~15:30
場所: 東京駅周辺(東京ステーションギャラリー・東京ステーションホテル)
定員: 20名
参加費:800円
対象: 60歳以上の千代田区民(申込順)
申込:1月5日(月)より高齢者センターで(電話・窓口)
電話:3265-3981
高齢者センター 永松





2014年12月13日土曜日

おしゃべりに花が咲きました♪ ~麹町二丁目町会 福祉部の「茶話会」






すっかり冬ですね。。。









早いもので 12月も もう中旬。。。
たまたま出かけた表参道も、イルミネーションがキレイに点灯されており、寒さを感じさせない
アツアツなカップルで街は賑わっていました。

社会福祉協議会のある白山通りにも、ちょっとした?いや見事なイチョウ並木があります。
こちらでは、年内にやらなければならない事を考え、 12月だなぁ~   とつぶやきながら、
一人 背中を丸めて出勤しています。 しかしイチョウと椿が並んだ鮮やかなコントラストに、改めて冬の到来を感じながらも、ついついホッ と立ち止まっています。


 

そんな寒さを感じる12月13日(土) 麹町二丁目町会・福祉部による『茶話会』が
麹町区民館で開催されました。

お集まりになった紳士・淑女の皆さまは、オシャレに身を包み、寒さを感じさせない“シャン”とした姿。
     
        

    いくつになっても、気持ちがシャキっとしていると、背筋もシャキっとするものだ。。。


自分に言い聞かせるように驚きを隠したのですが、年齢を聞いて もっとビックリ!
 
90歳以上の紳士・淑女が参加された6分の1を占めている会でした!!

ご近所同士で顔は合わせるものの、一緒にお食事をする機会はなかなかないとのことで、
久々の食事会に 乾杯  とすまし汁で茶話会をスタートしました。




          お弁当以外は、役員の方による手作りの物などが添えられます。




       そして、レクリエーション(脳トレ)も、役員の方による大きく書かれた手作りの物。


               大きな ひ と小さな り ・・ひりひり・・・ひりりひりり・・・
       
 

             参加された方が「ひまわりでしょ」 と。聞いて納得、難しい。




         次は ひらがなで   ま ま ま  。。。ママ? いやママ、まぁーま・・・?
                これまたすぐに「サンマよ」 と。なるほど。。。



いかに私の頭の回転が鈍っているのか、皆さんの答えの速さに脱帽でした。

社会福祉協議会からは、はあとサロンと、困りごとサービスについて説明させていただきました。
それと 「脳トレ」と称して、昨日 今年の漢字一文字が発表されたこともあり、
・2014年 子どもの名前ランキング
・2014年上半期のキラキラネームランキング 
これらの読み方について、皆さんに解いていただきました。

残念ながら、お身内にこれらのお名前のお孫さん・曾孫さんはいらっしゃらないようでしたが、
「これは知り合いの孫の名前」 とスラスラと読み方を当てる方も多くいらっしゃいました。
が、キラキラネームについては 「これは読めないわ~」と口々に苦笑いされていました。


あっという間に楽しい2時間が過ぎた中で、婦人部長と福祉部長からは
『ぜひまたこうして、皆さんで集う機会を設けていきたい』とのお話がありました。

参加されていた方からも「そうして欲しい」「いつになるのか楽しみだわ」と言った声が聴かれました。


私もぜひぜひ次の機会を楽しみにしております!!今度こそは、脳トレにもスラスラ解けるように、
そして背筋を伸ばして日々過ごせるように、皆様からいただいた刺激を大切にしたいと思います。

おしゃべりに花が咲いた茶話会、とても楽しかったです。

役員の皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。

                                              諸貫


2014年12月3日水曜日

タオルで繋がるご近所の輪~麹町五丁目町会 福祉の会

皆さんタオルアートをご存知でしょうか?


タオルや輪ゴムなどを使って作品を作るアートです。
私の祖母も昔やっていたような気がしますが…記憶とは儚いものです。


先日、そんなタオルアートをする機会に恵まれました!
秋晴れが気持ちの良い11月22日(土)に開催された
麹町五丁目町会『福祉の会』です

この日は、タオルアートの前に「ご近所診断テスト」が
実施され、参加者一人ひとりの
“ご近所力”をチェックしました。


ほとんどの方が、すべてにチェックがついており、町会の絆の強さを感じるその横で・・・
職員のチェックの少なさ。。。一人暮らしだと、隣にどんな方が住んでいるのかもわからず、
異変に気づくことも 気づかれることもない と改めて孤独感を感じました。


昼食とレクリエーションを通じて、住民の方同士の親睦をより深めるために、楽しく皆さんで昼食をいただきます。
食後は、福祉部の方が中心となって楽しい企画が催されます。


今回のタオルアートには皆さん興味津々。
悪戦苦闘しながらも、楽しく挑戦されていました。
こちら製作中の様子。真剣です。


どうやら完成したようです。カワイイ


他にも素敵な作品がたくさん完成!
では一気にご覧ください! どうぞ!!










社協からも、事業の紹介などをさせていただきました。


タオルアートをきっかけに繋がったご近所さんの笑顔。
私も楽しい昼食会を通じ、昔祖母と遊んだ懐かしい記憶が蘇ってきました。
麹町五丁目福祉部の皆さん、ありがとうございました。













・・・・・
※予告
高齢者センターでは、「おりがみ講座」を開催しています!
毎回ジャズの名曲を聴きながら、楽しく作品を作ります。
気軽に楽しめるので、高齢者センターデビューの方にもピッタリです!


12月のおりがみ講座では、タオルアートでも作った「ひつじ」を折ります。
ぜひ年の瀬の素適な思い出作りに、ご参加ください。


おりがみ講座「ひつじ」
日時: 12月22日(月)10:30~11:30
会場: 高齢者センター
定員: 24名
対象: 千代田区在住の60歳以上の方
申込: ただ今 高齢者センターで受付中(電話・窓口)
電話: 3265-3981(担当:永松)

                                          高齢者センター 永松