千代田かわらばんのサイトに戻る

2014年11月21日金曜日

地域連絡会(麹町地区)「認知症高齢者の『気づき』について考える」が開催されました!

こんにちは!秋も深まり、日に日に寒くなりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

麹町地区では、11月17日(月)10時~麹町区民館にて、
平成26年度  地域連絡会「認知症高齢者の『気づき』について考える」
を開催いたしました!

この「地域連絡会」とは、地域ぐるみの見守り体制の整備と、安全で安心な生活を支援することを目的に、各町会で高齢者の見守り活動にご尽力いただいているみなさまのご協力のもと、平成23年度から各出張所管轄地域ごとに取り組みを行っています。







今回は月曜日の午前中にもかかわらず、地区内の多くの町会長・婦人部長・福祉部長・民生児童委員のみなさまにお集まりいただきました。

東京都健康長寿医療センター研究所から杉山美香先生をおむかえし、認知症について、また認知症高齢者の気づきについて、クイズも取り入れていただきながら楽しくお講義をいただいた後、





認知症に対する、早めの「気づき」のためにどのような取り組みをしているか、また今後どのような取り組みができるかについて、グループで討議を行いました。

グループ討議では、活発に意見が交わされ、

町会や福祉部での活動はもちろんですが、
普段から地域にお住いのみなさんに心を配り、個人レベルで見守りや声掛けをされている様子や、
地域全体で安心できる見守りのネットワークができるように動かれている方がいらっしゃったりと、
地域の中での様々な取り組みの様子をうかがうことができました。




 


麹町地域はマンションが多く、つながりを作る上での課題もありますが、
「顔の見える関係づくり」に積極的に取り組まれている参加者のみなさんのご意見はとても頼もしいなと感じました。

千代田区社会福祉協議会としても、みなさまのお力をお借りしながら、認知症に限らず様々な心配事を安心に変えていけるような取り組みに、今後もより一層参加させていただきたいと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします!


(麹町地区担当・野中)

0 件のコメント:

コメントを投稿