千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2013年11月16日土曜日

サンさん秋まつり

秋の陽がサンさんとふりそそぐ11月16日(土)、
麹町出張所で開催されたサンさん秋まつりが開催されました。

麹町出張所地区で活動されている皆さんが、日ごろの成果を発表されます。


まずは、ご挨拶の後、華々しくテープカットで開会。


オープニングセレモニーの麹町囃子のみなさん。
獅子舞で、今年の悪いものは今年にうちに除けてもらいます。

 

ステージでは、サンシャインキッズ(麹町小学校合唱団)の合唱、Anela.Hula Studioのフラダンス、番町小日本舞踊教室の日本舞踊、キッズ バレエサークルのバレエ、番町武道教室の空手道演武、、民踊連盟麹町支部の民踊も行われました。

以前活動伺ったドレミの会もステージ発表されていました。
歌詞集をみなさまにお配りして、少々お手伝い。
観客のみなさんも一緒に合唱して、気分も晴れやかに。




慶風会のみなさんによる「香道」も体験。
3つのお香の香りをきいて、銘柄を当てるというものでしたが、
とても優雅な時間を過ごさせていただきました。



このような大人の遊びもあれば、子どもも楽しめるバルーンアート、囲碁教室、折り紙教室、クリスマスカードを作ったり、廃油キャンドル・バスボムを作ったりする活動もありました。


祝い鶴を折りました。
両面に色がついていて、華やか。お正月飾りにピッタリです。

特別パネル展では、「つなみ 被災地のこどもたち展」として、写真の展示もあり、
震災直後の写真やこどもたちの笑顔の写真をみることができました。

今日は、天気も良く、どこも盛況で、みなさん楽しんでいらっしゃいました。
また、次の開催を楽しみにしています。

(ちよだボランティアセンター大橋)

2013年11月12日火曜日

【平成25年度】見守り地区別学習会(麹町地区)『消費者トラブルから高齢者を守るためには』

11月9日(土)、麹町出張所にて、麹町地区の見守り地区別学習会が開催されました。

毎年開催されているこの学習会、今年度の麹町地区のテーマは、「消費者トラブルから高齢者を
守るためには~事例を踏まえて防止策を検討しよう~」。

各町会からたくさんの方にご参加いただきました。




主催である高齢介護課と千代田区社会福祉協議会の職員、そして協力をいただいたあんしんセンター麹町の職員が自己紹介してから、講師の飯塚かよ子さん(消費生活センター相談員)をお迎えし、DVD上映、飯塚先生のお講義と続きました。

その後のグループワークでは、参加者それぞれの消費者トラブルの実体験の共有や、地域の高齢の方が消費者トラブルに巻き込まれないようにするにはどのような取り組みが必要か、などの話し合いが活発に行われました。




 


健康食品の送り付け商法や、買え買え詐欺(劇場型勧誘)などの消費者トラブルの事例を紹介していただく中で、消費者トラブルは決して他人事ではなく、非常に身近であるということを実感しました。

こうした被害を予防するためには、高齢者を見守る家族や地域の目がとても大きな役割を果たします。見守る家族や地域の方が、消費者トラブルに関する情報を知り伝えていくこと、そして何らかの変化に気づいた場合は相談先につなげていくこと、そういった取り組みのひとつひとつが、高齢者の消費者トラブルを回避することにつながっていきます。

地域の中に安心して世間話ができるお相手や、信頼できるご近所さんとのつながりがあることで、自然と消費者トラブルなどを防いでいけるのでは、といった意見もでました。

今回の学習会をきっかけに、これからも地域の皆さまとともに、消費者トラブルのない、より安心して過ごせる地域づくりに取り組んでまいりたいと思います。

参加者の皆さま、お忙しい中お越しいただき大変にありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。


麹町地区担当(野中)

2013年11月8日金曜日

インフルエンザ情報!

クリックすると新しいウィンドウで開きます


皆さま こんにちは。

だいぶ寒くなってきましたが、いかがお過ごしですか?




私たち職場では、10月中旬ころからマスクをする職員が多発し、このところようやくマスクが外れた・・・といった感じです。


しかし、このところ通勤時の電車の中で、咳をする人、マスクをしている人が
増えています。





            
                      そうです、風邪の季節です!!



といっても、風邪よりも恐ろしいのがインフルエンザ。

ネットで調べたところ・・・
インフルエンザは例年12月から3月頃に流行し、インフルエンザの予防接種による効果が出るまでに、おおよそ2週間を必要とするため、インフルエンザの予防接種は11月中旬ころまでに済ませることが望ましいと考えられています。
また、インフルエンザ和ワクチンは、そのシーズンに流行が予測されるウイルスに合わせて製造されているため、インフルエンザの予防に十分な免疫を保つためには毎年インフルエンザのワクチンの接種を受けた方がよい とのことです。



手洗い・うがいを徹底し、できるだけ菌を寄せ付けないよう、自分の身は自分で守りたいものです。




それから、明日11月9日(土)は、10時から麹町区民館で 千代田区見守り地区別学習会『消費者トラブルから高齢者を守るためには~事例を踏まえて防止策を検討しよう~』を開催します。

ご興味のある方はどなたでもご参加いただけます。自分の身は自分で守るために、一緒に学びましょう! どうぞいらしてくださいね。




ちなみに・・・

風邪をひいてしまったときに効く食べ物は

1.身体を温める⇒生姜

2.栄養がある食べ物⇒卵、小麦粉、大豆、肉、魚

3.炎症を抑える⇒ネギ、にら、たまねぎ

4.消化が良い⇒上記にあげた中で、食物繊維(野菜)や脂質(肉)などを除いたもの

5.美味しい・簡単にできる食べ物          だそうです。

                                                諸貫

2013年11月1日金曜日

消費者トラブルにご注意を!!

皆さま こんにちは。

今日から11月・・・すっかり秋ですね。

秋といえば
 ・食欲の秋
 ・読書の秋
 ・スポーツの秋     考えただけで本当に忙しい。

しかし、いろいろなことに挑戦する秋 でもあるかと思い、皆さんにプチ情報をお届けします。


11月9日(土) 10時から 麹町区民館で 平成25年度 千代田区見守り地区別学習会 を開催します。テーマは 『消費者トラブルから高齢者を守るためには~事例を踏まえて防止策を検討しよう~』です。

このところ、高齢者に限らず若者までもが被害にあっています。

・優しそうなセールスマンがやってきて、とても丁寧に自分のことを心配してくれて、いい人だし・・・と気を許したら高額な契約をさせられたり、

・しつこい訪問販売員が、契約するまで帰ってくれなかったり、

・説明を聞くだけで、無料で粗品をプレゼント と甘い誘惑にのって話を聞きに行ったら契約するまで帰してもらえなかったり・・・

消費者トラブルは年々悪質化しているようです。

こういった被害にあわないためには、とにかく情報を集め、学習することが一番です!

今回は、近年急増している事例を踏まえ、どうしたら被害にあわずに済むのか、あってしまった場合の対処法等を 千代田区消費生活センター相談員の方を招いてお話を伺い、学びます。

皆さま、チャンスです!ぜひお早めにお申し込みください!!

【平成25年度 千代田区見守り地区別学習会のお知らせ】
☆平成25年11月9日(土) 10時~ 麹町区民館 AB
☆テーマ 消費者トラブルから高齢者を守るためには~事例を踏まえて防止策を検討しよう~
☆定員 先着30名
☆講師 千代田区消費生活センター相談員ほか
☆参加費 無料

≪申込み・問合せ先≫ 千代田区社会福祉協議会 地域福祉係
                Tel 5282-3711 Fax 5282-3718
                E-mail   chiiki@chiyoda-cosw.or.jp
*電話・Fax・メールで ①お名前 ②ご住所 ③電話番号 をご記入の上、お申し込みください。

充実した秋 と言えるように、私も頑張ります♪

                                  ファミリー・サポート・センター 諸貫