千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2012年12月25日火曜日

楽しいひと時 麹町五丁目町会福祉部による『クリスマス交流会』

毎日寒い日が続いております。皆さま いかがお過ごしですか?

12月22日(土)に、オリコビル1階にある集会室でステキなクリスマス交流会があり、参加させていただきましたので、ご紹介させていただきます。

今回は、みんなでカレンダーを作る内容でした。

カレンダーの作成に入る前に・・・
 色とりどりのケーキの中から、好きなケーキを選び、まずは様々なお話を楽しみました。

おしゃべりを楽しんだ後は、カレンダー作りです!

始めに、日付の入っていない枠のみが書かれた画用紙、カラフルな折り紙、お正月の飾りが描かれたものや、かわいらしい干支(ヘビ)のシール、ペンが配られましいた。


飾られた見本を参考にしながら、一人2枚・華やかな1月と自分の好きな(作りやすい)月のカレンダーを作るといった丁寧な説明がありました。



  


1月のカレンダーの見本です。


絵を見ただけで、何月なのかがわかります。





作り始めたら皆さん、夢中になってオリジナルのカレンダー作りに取り組まれていました。






折り紙で作品を作り、貼る方もいらっしゃいました。

                くり・お雛様・金魚・・・どれもすぐに季節(月)が思い浮かびます。






                  作り始めると、皆さんものすごい集中力でした!!




                   1月と、ご自分のお誕生日月を作られた方



                  大きさの違ったこいのぼりを貼って表現された方



子どもの頃に遊んだ“こま”で1月を表現された方



力強く美味しそうな鏡餅(みかん付)を作られた方




素早く作り上げた方は、そのあと作品について、年末について、お掃除についてなど、様々な会話で盛り上がっていました。
中には、1枚の作品に時間をかけて作り上げ、もう一枚は家で・・・という方もいらっしゃいました。


個性豊かなカレンダーの仕上がりに、みなさんとても満足気なご様子でした。そして「このころには何をしているのか・・・」と会話もはずんでいました。


今回参加された方が、帰り際に
「こうした作品作りは、子どもの頃にやった以来でした。皆さんとお話もできてとても楽しいひと時でした」と笑顔で話してくださいました。

私たちもまた皆さんとご一緒できるのを楽しみにしております!!    地域福祉係  諸貫





2012年12月15日土曜日

麹町地区散策

今回ブログを担当いたします、ちよだボランティアセンター大橋です。

千代田区社会福祉協議会で勤める前は、“ここは麹町地区”と思いながら街を歩いたことがありませんでした。麹町地区担当になってからは、以前からよく行っていた場所が麹町地区であることを発見しています。
 
先日通りがかったのは、東京駅と丸の内イルミネーション2012。東京駅は101日に復原工事が完成し、これに合わせて丸の内イルミネーションも例年より早く101日から始まったようです。近いけれど、なかなか行かないというようなお話を聞いたりしますが、みなさますでに見られましたでしょうか?東京駅の復原は、JR東日本のホームページ http://www.jreast.co.jp/tokyostation/ に見学マップなどが載っています。丸の内イルミネーションは、217日(日)まで毎日17:002300まで楽しめます。12月のみ24:00まで点灯予定だそうです。
      


さて、夜景のきれいな丸の内エリアには、私が勤めているちよだボランティアセンターと関わりのある企業が多くあります。本日は、企業のCSR担当者の連絡会「ちよだ企業ボランティア連絡会」主催のサンタクロースボランティアを行いました。年5回開催している活動の1つで、会員企業の社員がサンタクロースの衣装に身を包み、区内施設で歌や手品などを披露し、プレゼントを渡すという活動です。お渡しするプレゼントも、先週金曜日に60名を超える同連絡会企業のみなさんで作ったものです。たくさんのサンタクロースが街を歩くので、もしかしたら今日街で見かけた方もいらっしゃるかも知れません。
 

 
ちよだボランティアセンターでは、ボランティアに関する相談をお受けしています。「どのようなボランティアがあるの?」「ボランティア活動をしたい」「こんなボランティアを探してもらえない?」「被災地にボランティアに行くので、ボランティア保険に入りたい」など、お気軽にご連絡ください。

ちよだボランティアセンター
電話:03-5282-3716
ファックス:03-5282-3718
ホームページ:http://www.chiyoda-vc.com/

2012年12月11日火曜日

千代田区見守り地区別学習会~認知症について学びました~

12月8日に一番町集会室において、「見守り地区別学習会」が開催されました。

テーマは「正しく理解しよう、認知症!~認知症サポーター養成講座~」。講師に井藤佳恵先生をお招きし、認知症についてご講義いただきました。

 
認知症の仕組みや症状ついて、具体的な症例を挙げていただきながら、大変わかりやすく解説していただきました。

認知症とは…
認知症は脳の病気によって認知機能が障害され、これによって生活機能が障害された状態のことを指すといわれております。
認知症高齢者を地域で支え、これまで通り安心して暮らせるような仕組みづくりが不可欠だと強く思いました。

井藤先生のお言葉より
「毎日の生活の中で本人、介護者が何に困っているか、何を不自由に思っているか想像し、何が本人と介護者の支えになるのか考えること」
このことを皆さんで真剣に議論していかなくてはならないと、心底感じました。

学習会の最後にはグループ討議が行われ、参加者の皆様から地域の課題が数多く挙げられました。


「困ったときにどこに相談したらいいかわからない…」「どこに高齢者が住んでいるかわからない…」「付き合いがないので、近所の人の様子がわからない…」といった意見が寄せられました。
議論は白熱!地域の皆様の熱い思いに応えていかなくては…と責任の重みを痛感しております。


麹町地区では、地域の皆様の相談窓口といたしまして、高齢者あんしんセンター麹町とちよだ成年後見センターがあります。

(左から、あんしんセンターの鈴木さん、服部さん、菰田さんです)


また、先生からもお話がありました、「日常生活自立支援事業」は、社協の事業です。福祉サービスの情報提供や、日常的な金銭管理のお手伝いを行っておりますので、ご関心のある方はぜひ一度お問い合わせください!
■ちよだ成年後見センター 電話5282-3100/Fax5282-3718








2012年12月5日水曜日

高齢者センターにお越しください♪



12月に入り、ぐっと寒さが増してまいりましたが、みなさまお元気にお過ごしでしょうか?

さて、私が普段おります高齢者センターでは、年末に向け、楽しい企画がさまざま開催されます!

今日はいくつかご紹介いたします☆


クリスマスダンスパーティー★

日時:12月8日(土)午後1時~4時

会場:いきいきプラザ一番町(一番町12)地下一階カスケードホール

定員:100名(申し込み順)

出演対象:60歳以上の千代田区民ほかどなたでも

参加方法:チケット(1,000円)をセンター窓口(前日まで)
または会場(当日のみ)で購入してください。

♪生バンド演奏もあります♪ふるってご参加ください。
※会場ではヒールカバーをご着用ください。金具付きの靴はご遠慮ください。


★年忘れカラオケ大会★

日時:12月22日(土)午後0時半~3時

会場:高齢者センター4階集会室

出演対象:60歳以上の千代田区民(先着40名)

申込み:出演希望者は12月10日(月)までに電話または高齢者センター窓口で受付

皆さんの自慢の歌声をお聴かせください。
観覧はどなたでもできます♪
観覧のみご希望の方は、直接会場へお越しください!


★年越しそば試食会と音楽会★

日程:12月26日(水)
会場:高齢者センター4階・5階

<そば試食会>
時間:午前11時~午後1時
定員:70名(各回14名×5回 ※申込順)
参加費:200円(試食につき、おかわりできません)
対象:60歳以上の千代田区民
申込み:当日9時30分から整理券を配布します。ご本人が直接窓口でお申し込みください。

※申込みにはセンターの利用証または住所・年齢の確認できるものが必要です。

<音楽会>
時間:午後1時10分~2時
対象:60歳以上の千代田区民ほかどなたでも
出演:男声コーラス「Sing Joy」

※申込み不要です。直接会場にお越しください。


美味しいお蕎麦を食べて、楽しく歌って、寒さに負けず元気に過ごしましょう♪



高齢者センターでは、このほかにも皆さんに楽しんでいただける企画が満載です。
約70団体ある同好会活動や、季節ごとのイベントなども充実。
1月からはいよいよ「冬の講習会」も開催となります。
この機会に、高齢者センターにいらっしゃいませんか?
ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。


<千代田区立高齢者センター>

〒101-0051 千代田区神保町2-20

電話:3265-3981 FAX:3265-3980


みなさまのお越しを、心よりお待ちしております!

(麹町地区担当:野中)

2012年11月22日木曜日

子育て支援事業を担当しています。

早いもので 11月も下旬・・・あと少しで今年一年も終わってしまいます。
皆さまは いかがお過ごしですか?

私は現在、ファミリー・サポート・センターでアドバイザーをしております。
子育てのお手伝いをお願いしたい方(依頼会員)と、子育てのお手伝いをしてくださる方(支援会員)のコーディネートをしております。

千代田区ファミリー・サポート・センターでは、現在約640人の方にご登録をいただいております。

ファミリーサポートのメリットは 『ご近所で子育てのお手伝いをしてくださる方をご紹介する』ことです。

子育てをしていて 『困った!』 と思った時に助けてくれる、とても心強い存在です。

アドバイザーをしていて思うことは、
子育て中のご両親と、少し恥ずかしそうにするお子さまの笑顔を見られたとき、
また、子育ての協力してくださる支援会員さんから「かわいくて、こちらがパワーをもらった」と喜んでくださったとき、素敵な仕事だな・・・と改めて感じます。

子どもは言葉では表現できないパワーを持っています。
たとえ言葉が話せなくても、泣き顔でも、見ているだけで癒されます。

これからもたくさんの笑顔がもっともっと増やせるように、がんばってコーディネートに励みたいと思います!

私は麹町に限らず、千代田区内を駆け回っています。
見かけたら、どうぞお気軽にお声かけください♪

                                  ファミリー・サポート・センター 諸貫                                       


2012年11月6日火曜日

書道を楽しみながらの 高齢者の交流会!

早いもので もう11月。
今年も残すところあと2か月となりましたが、皆さま いかがお過ごしですか?

去る10月20日(土) に麹町五丁目町会 福祉部による「高齢者の交流会」が開催されました。

残念ながら この日は 第10回福祉まつりに職員は従事しており、参加することはできなかったのですが、素敵なお写真が届きましたので、さっそくUPさせていただきます♪


     今回は、福祉部員の方の特技である書道を、皆さんで楽しもうと企画されました。



・・・皆さん かなり真剣なご様子・・・
         
                    ・・・どのような作品が出来上がるのでしょうか・・・



              



               作品が出来上がると、緊張がほぐれますね。



                   (これらは、書き方の見本だそうです)

皆さん、自分の思いをそれぞれに綴られ、大切に持ち帰られたようです。


最近めったに使わなくなった筆ですが、私は文字を書くことが好きで、気分次第でペンを使い分けています。太めのペンを使ってみたり、極細から0.3㍉の小文字を書いてみたり、万年筆を用いて書いたり、もちろん筆ペンですが毛筆タッチでお手紙を書いてみたり・・・。

千十文や般若心経など、難しい内容はさておき、、ひたすら書き綴り 《 無 》 になる時間を持つことで、不思議と心が安らぎます。

“好きこそ物の・・・”とよく言いますが、私の場合は ただ単に書くことが好きなだけ。。。私流の文字を見つけては、少し微笑んだりしています。

読書の秋 ともよく言います。
読むもよし、書くもよし、運動するもよし、食べるもよし・・・ この時期はなんだかとてもワクワクします。

                秋深き 隣は何を する人ぞ   (松尾芭蕉)

皆さんも何かおすすめがありましたら、ぜひ教えてください。

次回の『麹町五丁目町会の福祉部行事』は、12月頃と伺いました。次はどんな内容か・・・楽しみにしています!!

                                 ファミリー・サポート・センター 諸貫


2012年9月28日金曜日

六番町ふれあいサロン

六番町ふれあいサロン参加者のみなさまが表紙を飾る『ちよだご近所かわらばん17号(ペーパーバージョン)麹町地区版』を携えて、9月24日(月)に伺いました。


千代田区の『ご近所福祉活動』を紹介する
ちよだ社協のフリーペーパー
ちよだご近所かわらばん17号 麹町地区版

「10日前に敬老お食事会を行ったばかりなので集まらないかも知れない」と心配されていましたが、9名が参加。なんと嬉しいことに、今回初参加の方もいらっしゃいました。みなさん自己紹介をしてみると、改めて知ることもありますね。その後は、病院の話や敬老お食事会で出した面白漢字のお話で盛り上がり、とても楽しいひと時を過ごさせていただきました。


出題された面白漢字
答えはこの下。



1. 壁に耳あり障子に目あり
2. 生き馬の目を抜く
3. 血は水よりも濃い
4. 七転び八起き
5. 肩の荷が下りる、臭いものに蓋をする
6. そりが合わない、喉から手が出る。
7. 痛し痒し、手のひらを返す

面白漢字解けましたでしょうか?六番町ふれあいサロンでは、このようなものも取り入れて、参加者の方々に楽しんでいただけるよう、工夫して活動していらっしゃいます。
(おおはし)








2012年9月25日火曜日

第32回 滝廉太郎を偲ぶ会

9月22日(秋分の日)、雨が降っていたにもかかわらず開催時間が近づくと雨がピタッとやみ、たくさんの参加者を招いているかのような不思議な天気の中、滝廉太郎居住地跡(千代田区一番町6番地)横の番町中央通りの東硝ビル前において、 「第32回 滝廉太郎を偲ぶ会」が開催されました。


キレイに飾られた滝廉太郎居住地跡




駐日英国大使館和太鼓会の皆さんによる、力強い演奏が始まると、皆さん次々に集まってきました。




       麹町小学校合唱団『サンシャインキッズ』の合唱が始まると、人だかりが・・・

サンシャインキッズのお友達と一緒に、参加者全員で 「荒城の月」 「花」 を歌って滝廉太郎氏を偲びました。


式典が終わると 子ども会の皆さんによる 出しものがオープンです。


 

            おもち、焼き鳥、焼きそば、ラムネ・・・準備で役員のみなさんは大忙し!!

 参加者の皆さんには、東日本大震災の義援金として200円でチケットを購入していただき、食べ物やゲーム(金魚すくい、ヨーヨー、射的など)を楽しみます。


私たち千代田区社会福祉協議会も毎年、一番町町会様にお声掛けいただき、わたあめの販売で参加させていただいております。

滝廉太郎がここ一番町で生活される中で、現在も愛され、歌い継がれている作品「荒城の月」「花」「箱根八里」「お正月」「はとぽっぽ」などは作られました。
毎年たくさんの子どもたちの笑顔があふれ、賑わうこの会・・・来年も皆様にお会いできることを楽しみにしております!!
 
 
 ≪社協からのお知らせ≫
10月20日(土) 11:00~16:15 千代田区役所で『第10回 福祉まつり』を開催します。
トークショーでは 橋 幸夫さんをお招きし「橋幸夫が語る~介護・家族・人生とは~」を開催します(14:00~15:00 / 8階)。
震災復興応援プロジェクト! や 食べ物横丁、みんな集まれ!子ども縁日&キッズコーナー など盛りだくさんです!
入場は無料です。皆さま お誘いあわせの上、ぜひお越しください!!

                                               地域福祉係 諸貫







2012年9月11日火曜日

“ありがとう” がいっぱい 番町子ども会!

9月8日(土)、番町子ども会にお邪魔しました。
この日の午前中は、ザーっと雨が降り、午後のお天気が心配されましたが、お昼を過ぎたころからどんどん日差しが強くなり、午後1時からの開会式には 真夏のような暑さになり、子どもも大人も汗だくで参加されていました。
        
                   オープニングの、番町和太鼓(和太鼓クラブ)

                                                BJB(番町ジュニアバンド)ミニコンサート

じりじりと焼きつくような暑さの中、子どもたちはお目当てのブースに列をなしていました。

              また、このお祭りでは不思議な光景があるのです。。。
子どもたちの手にはなぜかバケツが・・・

そうです、イベントには珍しい『どじょうつかみ』がこのお祭りにはあるのです。小さなかわいらしいバケツに、子どもたちは逃げまわるドジョウを必死で捕まえます。

ほかにも、たくさんの食べ物やゲームが、地域の方々の協力を得ながら盛大に行われました。

子どもたちは口々に元気いっぱいの『ありがとう!』と感謝を伝えながら、楽しそうに過ごしていました。

         
         “ありがとう”を聞くたびに、こちらまで心が安らぐイベントでした☆

                                             地域福祉係 諸貫

2012年8月30日木曜日

麹町納涼こども会におじゃましました☆


8月25日(土)午後、山岸常務と地区担当とで、麹町小学校にて行われた「第30回 麹町納涼こども会」におじゃましました!
 
残暑厳しい強い日差しのなか、子どもたちの暑さに負けない元気いっぱいな姿が微笑ましく、たくさんのパワーをもらいました。

地域の皆様にご挨拶しながら、模擬店ブースを回らせていただきました。






麹町小学校のグラウンド全面に、綿あめ、やきそば、フルーツなど、バラエティ豊かな模擬店が多数でており、私もワクワクしました!

提灯の装飾や和太鼓などの演奏も見事で、お祭り気分を存分に味わえました。

中でも驚いたのが、鰻丼の模擬店です。鰻丼の模擬店って珍しいですよね。
お米屋さんが作る鰻丼は、ホクホクしていてお米の一粒一粒までとても美味しかったです。

 



会場には多くの子どもたち、地域の方々、学生の姿があり、世代や立場を超えた地域のつながりを肌で感じることができました。改めて、地域における人と人とのつながりは温かく、ありがたいなと実感します。

これからもちよだ社協の一員として、地域の皆さまとの出会いや関わりひとつひとつを大切にしながら、安心して楽しく過ごせる地域づくりに参加させていただきたいと思います。

麹町地区の皆さまにまたお会いできるのを楽しみにしております。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします!(麹町地区担当・野中)

 



2012年8月14日火曜日

再び!麹町二丁目ドレミの会へ

ドレミの会へおじゃましてから1カ月。
前回は、たいへん楽しく歌って笑ってまいりましたが、不覚にもカメラを忘れてしまい写真が撮れませんでしたので、今回はしっかりカメラを持って、パチリと撮ってきました。


 
 
 
 
ピアノの演奏も素敵で、お話も楽しい安田さんのお話の中から、個人的な「へぇ~」をひとつ。
あの有名な「東京音頭」は、もともと「丸の内音頭」という曲で、日比谷の百貨店が広告のために、浴衣を購入した方をご招待して行った盆踊りのために作られたそうです。その“日比谷公園丸の内音踊大盆踊り大会”は、現在では誰でも参加できるようになり、今年は8月17日(金)~19日(日)開催です。

最後に『幸せなら手をたたこう』をうたいました。下の写真は、“幸せならホッペたたこう♪”のところ。麹町二丁目のみなさんは、幸せな方であふれていました。



安田さんは、千代田の杜少年少女合唱団の指導もされています。毎年、ちよだ社協主催の福祉まつり(今年は10月20日開催)でも、かわいい歌声を聴かせてくれています。
その千代田の杜少年少女合唱団が、9月2日(日)14:00~いきいきプラザ一番町カスケードホールで『第8回 定期演奏会』を行います。全席自由で500円(中学生以下は無料)です。
ぜひご参加ください。(おおはし)



2012年8月7日火曜日

日本テレビ通り振興会 納涼盆踊り大会 にぎやかに開催!!

8月3日、納涼盆踊り大会におじゃましてきました。
今年で35年目!すっかり日本テレビ通りの夏の風物詩になっています。

盆踊り大会は数あれど…


ご覧ください!この人、ひと、ヒト…
こんなに賑わっている盆踊り大会は、初めてです。

ご存知のとおり、麹町周辺は会社員の行き交うオフィス街…
この日を「待ちに待った」とばかりに、大勢の方が来場されました。

出店も盛りだくさん!お子様を飽きさせません!!

 ヨーヨーすくいに
 輪投げ…

このほかに射的もありました。
そして…
夏はやぱっり定番のかき氷


あちこちからお子様の元気な笑い声が聞こえてきました。

みなさん大変お元気で、エネルギッシュ!!
大盛況のうちに麹町の夜は更けていくのでした…


(成年後見係・荻原)

2012年8月1日水曜日

六番町ふれあいサロン(茶話会)にお邪魔しました!



こんにちは!

先日7月30日(月)に行われました、六番町町会主催の六番町ふれあい

サロン(茶話会)に、地区担当の武藤とわたくし野中で伺いました。

場所は番町小学校の近く(町内)にある喫茶店レーベン

↓ とっても可愛らしく、素敵なお誘い状です♪




















当日は晴れていて、昼間の時間帯ということもありとても暑かったのですが、

7名の方が元気に参加されていました!

皆さんで冷たいココアを飲みながら、おしゃべりに花が咲きました。


話題は「健康について」「趣味のこと」「故郷について」などなど。。。

子どものころから千代田区にお住まいで、なんと同級生同士で(!)参加

されている方もいらっしゃり、昔の千代田区のお話もたくさん教えていただ

きました。

楽しいお話はいつまでも続きます。





















参加されていた皆さんでパチリ。

六番町ふれあいサロンは、毎月最終月曜日に開催されています。

次回は8月27日(月)14時~の予定です。

一緒に楽しい時間を過ごしませんか?

六番町町会のシニアの皆様、ぜひご参加ください。(麹町地区担当・野中)