千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2018年8月28日火曜日

第36回麹町納涼こども会に参加してきました!

皆さん、こんにちは!
麹町地区担当、地域支援係の野中です。


8月25日(土)に、第36回 麹町納涼こども会に、野中・小川・横山で参加させていただきました。

会場に到着すると、町会の皆さんや地域の団体などによる模擬店が準備を済ませ、オープニングセレモニー前からたくさんの方でにぎわっていました。



区長や町会の皆様によるテープカット!
 







模擬店がスタートしました!










盛り上がっている様子、伝わるでしょうか?
一部ブースでは、当会のテントを使っていただきました。
町会の皆様、出展されている関係機関の皆様にご挨拶させていただきました。










 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 







今年の夏は本当に暑い日が続きましたが、当日は中でも暑い一日でした。
たくさんの方の協力で開催されているこの納涼会ですが、納涼会が安全に開催されるよう、
影で見守っていただいていたのは麹町消防団の皆様!
会場である麹町小学校の裏手で、待機されていました。
暑い中、本当にご苦労様でした。



 

 
 
 


8月最後の土曜日ということもあり、たくさんの子どもたちが参加していました。
私たちも毎年参加させていただくことができ、とてもうれしく思っています。

まだまだ暑い日が続きますが、実りの秋はもうすぐそこまで来ています(早く涼しくなってほしいですね・・・!)。

秋の行事にもお邪魔させていただければと思います。
またよろしくお願いいたします!




2018年8月17日金曜日

🌙🌠日本テレビ通り振興会 納涼盆踊り大会

 
地域支援課の横山です。
 
今年の夏は本当に暑いですね。 もういくつアイスを食べたことか。

さて、麹町の夏のイベント、『第41回日本テレビ通り振興会 納涼盆踊り大会』に参加させていただきましたので、その様子をお伝えしたいと思います!





社会福祉協議会からは、野中・小川・服藤・小林・横山の5名で参加させていただきました。
 

やはりこの日も暑い夜でした。
 

中央のやぐらでは、演奏に合わせて生歌で盆踊りの曲を歌ってくださっています♪







やぐらのまわりでは毎年恒例の民謡連盟の皆さんがお揃いの浴衣と素敵な踊りで会場を盛

り上げてくださっていました!

もちろんソラジローは子ども達に大人気。
 


 


 「暑いけどみんなで踊ると楽しいソラ~」  と言っているような笑顔。

こんなしゃべり方はしないですね。


 


≪ソラジローの氷像≫


 


入り口には氷で作った可愛いソラジローが展示されていました。

氷像の展示は去年から。みなさんソラジローをナデナデ。

「つめたーい」と子どもも大人も喜んでおりました。


とても涼しげですね♪
 
 
触りすぎてどんどん溶けていきます。
 
「うひょー。かたちがなくなっちゃうソラ!!」
 
こんなしゃべりはしないってば。
 



 
 
 

≪ご家族で・・・♪≫
 

色とりどりの可愛い浴衣を着た子どもたちがたくさんいました♪


ヨーヨー釣りに輪投げ!子どもたちは元気いっぱいです。
 
 


                   お菓子をゲットするわよ! おりゃー! 
 
   

≪模擬店ブース≫

 
町会の役員の皆さんや学生さんが出店している飲食・出し物ブースは大賑わい♪

 
 
 

ポップコーン・かき氷・焼き鳥・わたあめ・スーパーボールすくい・射的などなど・・・



楽しい・美味しい模擬店がたくさん出展されていました!

やっぱりお祭りといえば模擬店が楽しみです!

どのお店も大人気で出展されている方は大忙し。。

 
日テレのアナウンサーの方と社協メンバーでパチリ。
 
 
 
 


暑い中、素敵な空間をありがとうございました。


今回の盆踊り大会には、子どもから大人までたくさんの方が来られていて、

 

皆さんの楽しそうな雰囲気が伝わりとても素敵な地域の集いのひと時だなと感じました。

 



わたし自身盆踊り大会にあまり行ったことがなかったので、

夏を感じられるイベントに参加させていただきとても楽しかったです!


ありがとうございました♪






麹町地区担当 横山


2018年7月31日火曜日

一番町町会 『第3回 番町・麹町の歴史を語り継ぐ会』


みなさん、こんにちは。

総務係の髙橋です。

 

先日、729日(日)に今回で3回目の開催となる

一番町町会主催「番町・麹町の歴史を語り継ぐ会」に

社協から野中と髙橋で参加させていただきました。

 

台風の影響で天候が心配でしたが、

当日は台風は過ぎ去り気持ちの良い晴天の中での開催となりました。

 

「番町・麹町の歴史を語り継ぐ会」は、番町・麹町の歴史を

若い世代に語り継いでいくことを目的としているだけでなく、

地域に住む方々が交流する場にもなっています。

 

 

会の前半は、日本建築家協会会員の中山信二先生より、

「千代田区の古い建築について」ご講義をいただきました。



 
千代田区の昔と今の様子や稲荷神社にみる歴史など、

普段あまり気にかけない建物や土地という観点から

千代田区について知ることができました。

 

後半は、参加者の方々の自己紹介や過去の記憶の披露など
参加者の皆さんで交流をしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 



昔は・・・・

 

地下鉄の半蔵門線が半蔵門駅までしかなく、

半蔵門駅で折り返し運転をしていた。

 

九段坂に都電が走っていたが、

坂が急で一気には上り下りできないため、

坂が棚田のような形をしていた。

 

などなど、たくさんの興味深いお話を聞かせていただきました。

 

 

まだまだ知らない番町・麹町の歴史がたくさんありそうです。

次回開催された際にぜひ皆さんも足を運んでみてください♪

 

素敵な会がこれからも続いていくよう願っております。

 

 

連日、暑い日が続いていますので、

お身体に気をつけてお過ごしください。

 

一番町町会の皆さま、ありがとうございました。

 

(総務係 髙橋)


 
 

2018年7月12日木曜日

ささえ愛まち会議(麹町地区)のご報告/婦人会におじゃましました

こんにちは!麹町地区担当の野中です。
毎日、暑い日が続きますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

全国各地で災害が相次いでいます。
現地に行って継続的に支援をすることは難しいかもしれませんが、
私は募金など、自分にできるアクションを起こそうと思っています。


*****


麹町地区では6月26日(火)に、ささえ愛まち会議が開催されました。
麹町地区のすみずみまで、福祉情報を発信しよう!というテーマで、
どんな情報を、どんな方法で発信すればよいか、参加者同士で話し合いました。













当日は麹町地区の町会福祉部の皆様、企業や学生の方、ボランティア・NPO団体の皆様におこしいただき、それぞれの立場から貴重なご意見をたくさんいただきました!

今後、コアグループが中心となって、地域の福祉課題や情報発信の取り組みに具体的に取り組んでいきます。



*****


そして昨日7月11日(水)には、麹町婦人会にご挨拶にうかがいました。
今年度も元気いっぱい、地区の皆様とともに麹町の福祉のまちづくりに参加させていただければと思います。
引き続き、よろしくお願いいたします!





2018年6月18日月曜日

町会長会議でご挨拶させていただきました

麹町地区各町会の皆さま、先日は山王祭お疲れさまでした。
土曜日は30度を超える夏日、よく日曜日は一転雨が降って気温差が随分と大きくなりました。

山王祭も終わり、今年度の麹町地区担当職員で町会長会議にお邪魔し、遅ればせながらご挨拶させていただきました。




<平成30年度 麹町地区担当>
担当課長    片岡 浩(総務課長)
リーダー      野中 彩希(地域支援係)
サブリーダー  小川 英人(ボランティア係)
           服藤 正樹(成年後見係)
           奥山 桂子(成年後見係)
           髙橋 沙耶香(総務係)
           横山 美樹(地域支援係)
             小林 翔平(高齢者活動センター)
           


今年度は8名の職員体制で、皆さまと一緒に地域の課題などに取り組んでいきます。
また、今年度は麹町地区担当職員を3ブロックで分担し、各町会の皆さまとより顔の見える関係を築くことができるよう努めてまいります。


それぞれのブロック担当については、この後のかわら版WEBで紹介していきます。
今年度も、どうぞよろしくお願いいたします!


【平成30年度 麹町地区担当一同】

2018年4月17日火曜日

☆二番町町会子ども落語☆

麹町地区のみなさま、こんにちは! 
高齢者活動センターの中谷です。

桜咲く3月25日(日)、麹町区民館にて「二番町町会こども落語」が行われました! 



 
この日は天気も良く、お花見に向かう方々や卒業式を迎える学生さんで千代田のあちこちが賑わっておりました!

 

 
 
会場の麹町区民館にはこのように大きな表示が! また、揃いの法被を着た町会の方々がご案内をされておりました。
 
 
そして会場となる和室には、子供たちの姿がたくさん!
 
 
 
今回出演された「桂 宮治」さんは、落語を始めて見る子にもわかりやすいように、落語とはなにか? ということから説明をされており、その説明の仕方も流石プロの噺家さん! 「想像力が大事」というお話で、とてもわかりやすかったです。そこからあっという間に世界は物語の中へ!



圧倒的な、声と仕草の迫力で、どんどん引き込まれていきます。最初は、じっと見つめているだけだった子どもたちも、最後にはみんな一緒になって大笑い! 会場に集まった80人近くのご近所さんみんなが一緒になって楽しんでいました。

 
二番町町会は今回が初の福祉部行事とのことでしたが、とっても賑やかで楽しい場が作られていました。これからもこんな素敵な場が続いていくといいですね。


(高齢者活動センター 中谷)

2018年4月11日水曜日

麹町五丁目町会・福祉の会☆ハーバリウム作り


みなさま、こんにちは!
成年後見係の長田です。

最近は暖かい日が続き、とても春らしい陽気になってきましたね。

そんな、桜も満開を迎えた324日(土)、
麹町五丁目町会・福祉の会が開催されました!
社協からは麹町地区担当の永松・長田で参加させて頂きました。


こちらの会では昨年11月にはステンドグラスを作ったりと、
普段は体験できないようなことができるので、皆さん楽しんで参加されています。
(その時のブログはこちらです

今回作ったのは・・・
最近人気が出てきている「ハーバリウム」です!!



「ハーバリウム(herbarium)」とは本来植物標本のことを指す言葉だそうですが、
ガラス瓶と保存用の液体を用いて作られた鑑賞用のものもハーバリウムと呼ばれています。
この観賞目的で制作された「ハーバリウム」はプリザーブドフラワーやドライフラワーを
ガラスボトルに入れて、専用のオイルに浸されています。 
こういうと、作るのはとても大変な作業のように思われるかもしれませんが、
今回はもっと簡単に、そして手軽に作ることができました!

材料はこちら↓

簡単に手軽に作ることができる秘密は、お花にあります!
今回使ったお花は、造花で、生花と違って扱いやすく、
保存液も生花だと専用のオイルが必要ですが、
造花なので洗濯のりで代用が可能なのです!

そして何より、材料は100円ショップでも揃うのです!
(これなら手軽にチャレンジできますよねっ)



まずはビンにお花を詰めていく作業です。

この作業が難しいのです。。
お花をたくさん入れるとゴチャゴチャするかな?少ないと寂しいかな?と、
ビンに詰めては出してを繰り返して配置を考えていきました。


みなさん思い思いに作品を作ってらっしゃいます。



お花の配置が自分の思い通りになったら、液を入れていきます!



液を入れると花が開いたようになって、発色も良くなります。
後はビンに蓋をして完成です!!


思っていたよりもずっと簡単に作ることができました!
そして、造花で作ったような感じがしないのも、とっても良いですね。


そして作り終わった後は、皆さんでおいしいお弁当を食べて、ほっこり。
(食べるのに夢中になってしまい、写真を撮り忘れました。。。)

最後に、ご自身の作品を持って記念撮影です。
みなさん、素敵な作品です!



会の途中、社協のお便りを皆さんに配らせていただいたのですが、
その中から興味のある活動を見つけてくださった方もいらっしゃいましたし、
地域の色んな情報を教えて下さる方もいらっしゃいました。
こうやって地域の皆さんと触れ合える機会を持つことができたおかげで、
とても有意義な時間を過ごすことができました。

みなさま、ありがとうございました。

次回はどんな会になるのか、個人的にも楽しみです!